容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

韓国語がんばってます〜

  1. 2013/08/31(土) 02:36:01|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
今年の4月から韓国語を習い始めました。

で、こないだの授業でハングルのカルタをグループに分かれて読んでいたのですが、先生が珍しく柳眉を逆立てて

「アンジュングンを知らないの?」

と他のグループの生徒に仰ったので、何事かと身構えていると、ホワイトボードに「安重根」と書き、

「安重根は伊藤博文を暗殺した人ですよ。知らないの?韓国では安重根義士とも呼ばれて英雄なのよ」

と言い、「まあ、韓国人は歴史を語るのが好きなのです」とこの話については終えられました。


先生のお話を聞きながら、ふと、北京留学時代の一齣を思い出しました。
それは、仲良くなった韓国人留学生の曹ちゃん(女性)と一緒に留学生宿舎の共同炊事場に行ったら、
韓国人男子留学生に挑まれたことでした。


韓留学生「日本人は他国の歴史について疎い。韓国の歴史の始まりを言ってみなさい」

けろ「え、えと……新羅・百済・高句麗かな?」

韓留学生「違うね。檀君から始まるんだよ」


曹ちゃんはハラハラするし、私は当時論争は全く不慣れのうら若き乙女で、
「日本の世界史では神話は歴史としては扱わないのだ」という旨のこともうまく説明できず
(これはこれで相手の怒りを更に買ったことでしょうが)、焦ってしまいました。


とりあえず、ちょっと話をそらそうかなと思い、別の話を振ってみました。

けろ「ところで、何で中国に来たの?」

韓留学生「あの、実は家にお金がなくて、統一協会に入信して、そのお金で中国に来たんです。ごめんなさい」

……と韓国人男子留学生は青菜に塩とばかりに、急に悄気返って謝ってきたのでした。

未だになぜ方便として統一協会に入信したことを私に謝ってきたのか、よく分かっていないのですが、

韓国語の先生の話や留学時代のエピソードなどから、
日本と韓国の歴史観はどうも違うようだと思い知らされたのでした。
どのように異なるのか今は言語化できませんが。


ところで

中国最古の漢字字書『説文解字』では「史は事を記す者なり。又(手)の、中を持するに従う。中は正なり」とあって
史官が物事を記すときにその中正を守る意味であると解説しています。

ちなみに、『説文解字』の説は王国維や内藤湖南『支那史学史』で否定されており、
「史」のなかにある「中」は「中正」ではなく、祭祀で矢を射るときの矢を数える算木であろうとされています。

『説文解字』の記事は間違いなのかもしれないのですが、漢代の字書の説明ですから、
これが中国の文化を色濃く受けた韓国の知識人に共有されていた可能性はあったことでしょう。

また『春秋左氏傳』宣公二年の記事にも、史官が事件そのものを記すよりは、王の行為を評価して書くという内容の記事があります(注)。


ある事件に評価を加えるて書き記すというのは大変な行為だと思うのですが、国や文化が違うと正しさも評価も異なるわけで、
その時にどういう風に振る舞うか、話し合うのかについて考えさせられてみたり。


(注)『春秋左氏傳』宣公二年
乙丑 趙穿攻靈公於桃園、宣子未出山而復。大史書曰「趙盾弒其君」。以示於朝。宣子曰「不然」。對曰「子為正卿。亡不越竟、反不討賊。非子而誰」。宣子曰「嗚呼、『我之懷矣,自詒伊慼』其我之謂矣」。孔子曰「董狐 古之良史也。書法不隱。趙宣子 古之良大夫也、為法受惡。惜也、越竟乃免」。

ざっくりまとめると

史官である董狐は「趙盾が君主を殺した」と記した。しかしながら趙盾は実行犯ではない。董狐は評価して「趙盾は宰相だから、君主が殺された責を負わない以上は君主殺しである」と趙盾を責めたのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

夏コミありがとうございます&つれづれ

  1. 2013/08/26(月) 23:23:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
夏コミ皆さまお疲れさまです。
40度越えの暑さでスタッフを含む多くの方が倒れられたり
2日目は伝説のコミケ雲が出たりと大変でしたね
(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

戦士たちに幸あれです(*・×・)ゞ

夏コミ終わってもぼーっと出来なくって、
サークルカット描いたり、冬コミの準備とかぼつぼつ
しています。
冬コミ受かってもいないのに準備ってどうなのよ
と言われたらそれまでなのですが、
発表が10月末だったと思うので、そこから冊子
作ってたら到底間に合わないため、今から頑張ってます。


落ちたら委託をお願いす
ればいいんですよね(白目)



閑話休題

ともあれ「ナベニカ学衆道びまじょ」ぼちぼち好評で
有り難いです。
自分にとっては初めてPCで描いた絵で、まさか自分が
表紙を描くとか思ってもいなかったし、マンガも難産だった
のですが、とりあえず笑ってもらえて嬉しかったです。
手に取って下さった方々には心からお礼を申し上げます。
絵も文も精進致しますm(__)m

冬は漢字をテーマにする予定ですが、
他に雑賀衆をテーマにマンガ描いてみようかなとか
あとは好評だったTCGの記事もつけていく予定です。

拙いなりに喜んでもらえるような冊子に致したく存じます。



つれづれ

最近は自分の画力を底上げするために絵画教室
通っていますが、だんだん自分が何屋なのか
分かんなくなってきました。

世間的には大学の先生のはず。
でも偉そうにするのも、採点するのも本当は大嫌いです。
自分はそれに値する人間じゃないと思っています。
でも職務だし、お金もらってるし、責任あるし、
教え子は可愛いので頑張ることにしています。

夜になると秋の気配がするようになりましたが、
それとともに教え子にも会いたくなってきました。
みんな楽しい夏休み過ごしてるかな?


どうか皆々様に於かれましても、暑い日々が
続きますがどうか楽しいゲームライフを
ヲタクライフをお過ごしくださいな

それでは、す・股(=゚ω゚)ノ

↓これは今日頑張ったデッサンです。
敗因は面取りをしたときの色が濃かったことですね。
トマト描いてるときにうまく濃淡がつけられなくて
苦しみましたー。







このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

お久しぶりです(TCGイベント宣伝w)

  1. 2013/04/25(木) 22:46:01|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
イベントに参加しないと更新が少なくなって済みません(挨拶)

さて、マルチポストですが、
三国志大戦TCGのブースタードラフトオフ会をやります。
詳細はこちら:http://3594tcg.dtiblog.com/blog-entry-149.html
見学のみ・初心者の方も大歓迎でございます!

サークル頒布物見本等もお持ちしますので、
ご興味のある方は声をお掛けください( ^ω^)

Author:葛葉
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

プレイマット詳細( ^ω^)

  1. 2013/01/27(日) 23:55:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
数件お問い合わせを頂きましたので、
革製プレイマットに関して写真で少し紹介をば。
通販用在庫はまだございますので、pengpong999★gmail.comまでご連絡下さいm(_l_)m
(または、一つ前の記事をご覧下さいませ。)

結構厚いです!(1.5mm)
けどしなやかなので軽く取り扱えます。


全体はこんな感じです。


カードを置くとこんな感じ。


夏コミに受かったら、筒を作りたいなぁ。
……できれば、「ダイス収納用小物入れ」つきで。
突発故見づらい写真&取らぬ狸のなんとやら、失礼いたしました。

Author:葛葉
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

C83冬コミ宣伝2

  1. 2012/12/17(月) 20:52:08|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
今回はえみゅ〜工房さん(@emyufc)と合同でとあざ囚都さん(@syutotoaza)の初の画集も併せて上梓いたします。






ここ数年彼女の活躍は目覚ましく、既にお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、戦国大戦の旗印のプチキャラやミニフィギュアなども担当しています。
また最近ではオンラインゲームのキャラクターなども手がけるようになりました。

これはひとえに彼女の才能と努力の賜物ですが、

彼女は小学校の頃には既に自分の描いたイラストをwebに上げることを始め、次々に自分のイラストを世に出してきました。

とりわけアーケードゲームの三国志大戦や戦国大戦などのイラストを描き、またえみゅ〜工房さんで東方のキャラクターを描いていったことで、彼女自身の技量が磨かれたことかと思います。

今年で彼女も専門学校を卒業し、来年度からはイラスト関連の会社に就職をすることとなりました。

これまでの彼女の節目として画集を発表する運びになった次第です。

彼女の繊細で細い指から生まれた、愛くるしくて色鮮やかなキャラクターたちをどうか手に取って頂けたらと思います。


あとは弊サークルの冊子の表表紙と裏表紙も追加ですお( ^ω^)



それから当日頒布予定のグッズもあります。


三国志大戦TCGプレイマット


三国志大戦TCGプレイ用カウンター



大変長い記事になりましたが、読んで下さってありがとうございます。




このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

DTIブログって?

次のページ